最新情報&お得情報

2014 / 07 / 02  22:15

福島県喜多方市・慶徳お田植え祭りの報告で~すヽ(^。^)ノ

 

前回の予告通り、慶徳お田植え祭り鑑賞会に行って来ました  ヽ(^。^)ノ>
喜多方といえば、ラーメンですよね~(^^♪
私は、醤油チャーシュー麺・朱美社長が塩ラーメン&餃子をお願いしました。
DSC_0176.jpg

DSC_0175.jpg

ネギぬきをお願いするのを忘れました(@_@。

では、慶徳お田植え祭りの詳細です!
主催は、喜多方市慶徳公民館です。とても立派な施設で児童館との併設になっていますヽ(^。^)ノ

DSC_0314.jpg

DSC_0217.jpg


DSC_0215.jpg
(左)夏井永光 館長さんです。
知識が豊富で、地域を愛し、プライベートでも営業活動をしバイタリティー豊富な方です!

会場は、慶徳稲荷神社境内及び神田(しんでん)

DSC_0219.jpg

DSC_0220.jpg

DSC_0230.jpg

DSC_0250.jpg
小学5年年生と4年生全生徒です!可愛いですねヽ(^。^)ノ
本来は、若嫁さんが踊ったそうです(^^ゞ

DSC_0237.jpg
発見!ポスターの、天保十四年の面を付けたかかしですね!

DSC_0264.jpg
大白狐と小白狐です!
DSC_0302.jpg
こちらの小白狐のわんぱく顔(^^♪とても素敵ですヽ(^。^)ノ

DSC_0269.jpg
応安元年(1368年)慶徳寺を開山した源翁和尚は、その後、応安三年(1370年)那須野で金尾の狐が変化した殺生石を打ち砕き、民の苦しみを除いて当地に戻りました。
その夜に事、美女が現れ「先ほど和尚の救いを受けた殺生石」でございます。今から仏法擁護の神となり、成仏の御恩に報いましぃう。」といって白狐に変わり、尾を巻いてうずくまり、しばらくして十一面観音の相を表し、前の山へ飛び去りました。そしてそこに残った白狐の尾は山となったことから山号を紫雲山から巻尾山慶徳寺に改めたと言われています。
その後、杜を造営し、稲荷神社の神のお使いとして白狐が祀られております。前の山を稲荷山と名付けたといわれています。

DSC_0271.jpg
こちらは、小学6年生です!とても綺麗ですね(^^♪

DSC_0281.jpg
館長さんも大忙しです!

DSC_0279.jpg
とても暑い!(@_@;)

神田(しんでん)で、早乙女踊り・お田植えが始まります!

DSC_0303.jpg


DSC_0305.jpg

DSC_0310.jpg

午後4時30分、慶徳お田植え祭りが無事に終了しましたヽ(^。^)ノ
皆さまお疲れ様でした<(_ _)>

夏井館長さんとのお話で、本日の慶徳お田植え祭りを一コマにして、きり絵製作をしたいと考えています(^_^)v

次回は、午前中に視察しました新宮熊野神社長床を紹介いたしますヽ(^。^)ノ
とても素晴らしい神社です!
慶徳稲荷神社http://www.gimu.fks.ed.jp/shidou/jiten/cgi-bin/index.cgi?sheet=detail&name=%A4%B1%A4%A4%A4%C8%A4%AF%A4%A4%A4%CA%A4%EA%A4%B8%A4%F3%A4%B8%A4%E3%A4%CE%A4%BF%A4%A6%A4%A8%A4%B7%A4%F3%A4%B8&area=%B4%EE%C2%BF%CA%FD%BB%D4&hen=bk

 執行役ちょいブログhttp://nasukirieart.blog.fc2.com/