最新情報

2020 / 09 / 19  16:26

福島県から切り絵教室参加!(^^)!

福島県から切り絵教室参加!(^^)!

福島県から切り絵教室参加!(^^)!

本日は、福島県のK様が日光市ミニログギャラリーの切り絵教室に参加して頂きました(*^^)v

IMG_20200919_115038 (2)

福島県から約3時間運転して、この集中力は素晴らしい!ですね(*^^)v


IMG_20200919_120833 (2)

IMG_20200919_115046 (2)

IMG_20200919_132315 (2)

屋外ウッドデッキで、生徒さんと対面で朱美先生が作品の額装いたします(*^^)v

IMG_20200919_132411 (2)

IMG_20200919_134744 (2)

IMG_20200919_140832 (2)

教室後半は、朱美先生の切り絵作品鑑賞とサービス原画(切り絵教室受講料内に原画1枚サービス)を選んでいただいております!(^^)!
10月の第3、第4土曜日お待ちいたしております<(_ _)>
2020 / 08 / 30  19:55

福島県・那須町・矢板市切り絵生徒様集合~(*^^)v

福島県・那須町・矢板市切り絵生徒様集合~(*^^)v

猛暑の中、福島県・那須町・矢板市の切り絵生徒様が、日光市ミニギャラリーに集結いたしました!(^^)!


IMG_20200829_112829 (2)

皆様、汗だく状態で新作きり絵の原画を選んでおります(^O^)/

IMG_20200829_112738 (2)


IMG_20200829_112801 (2)

9月中旬ごろからは快適に過ごせると思います<(_ _)>

ぜひご予約くださいませ。土曜日・日曜日・祝日の限定ですので、予約済みの日が多々あります。時間調整いたしますので、ご相談くださいませ。
2020 / 08 / 16  19:05

ミニギャラリーで、きり絵、教室新規開催!(*^^)v

ミニギャラリーで、きり絵、教室新規開催!(*^^)v

ミニギャラリー内で、きり絵教室を新規に開催いたしました!(*^^)v


IMG_20200816_154822.jpg

IMG_20200815_141247.jpg

新型コロナウイルス感染防止とソーシャルディスタンス確保のため1講座3名様まで、屋外デッキでの体験もご選択いただけます(*^^)v
IMG_20200815_150320 (2)

室内換気のために窓や入口を開放し、扇風機とスポット送風機を稼働していますが来月中旬まで暑いです!

暑さ対策、水分補給対策等お客様で準備お願いいたします。

アルコール消毒等の基本対策は致しております(*^^)v


IMG_20200815_085211.jpg

東京都美術館で受賞した、きり絵作品や新作きり絵も展示しております。

ご予約は、土曜備・日曜日・祝日限定、完全予約制の営業となります。
きり絵教室受講料金は、お一人様2,000円(2時間)AM9時からPM4時頃まで
きり絵の原画やぬり絵原画、和紙等の販売も致しております。
詳細は、yuzawa@nasukirieart.com まで、お気軽にお問い合わせください。
2020 / 07 / 12  10:17

日光彫 制作順調!(^^)!

日光彫 制作順調!(^^)!

日光彫 制作順調!(^^)!

朱美先生制作の日光彫!鳳凰・順調に彫り進んでいます(^^)/

IMG_20200712_094733.jpg


IMG_20200712_094723.jpg

IMG_20200712_094710.jpg
2020 / 07 / 04  19:31

ぬり絵・写仏・絵手紙等にオリジナル原画ネット販売開始!

ぬり絵・写仏・絵手紙等にオリジナル原画ネット販売開始!

【商品の説明】


DSCN1478.jpg


NHK総合「ひるまえほっと」やNHKニュース640に出演した、きり絵作家・湯澤朱美先生がオリジナルに制作いたしました。

きり絵の作品を制作する過程でのデッサンの画になります。

一般には出回らない貴重な作品になります。

水彩色鉛筆やパステル等でオリジナル作品を制作してみませんか?

原画・湯澤朱美と明記していただければ、作品展に出展してもOKです。著作権は、きり絵作家・湯澤朱美に帰属いたしますので販

売やコピーは禁止させていただきます。

きり絵作家・湯澤朱美(那須きり絵アートショップHP nasukirieart.com)をご覧くださいませ。



(観世音菩薩の名前の由来)
梵語でアバロキテーシュバラ、光世音菩薩、観自在菩薩、ともよばれ、「観音」とは苦しみの中にいる衆生が一心に観音の名を念じると、直ちにその「音」を「観」じて救われることから観音という名前が付きました。さまざまな観音さまがいらっしゃいますが元々は聖観音のことです。観とは、この世で苦しむ人々の姿を正しく見るという意味があり、それらの人々を救ってくださる仏ということです。



サイズ:A3サイズになります。

ヤフーオークション https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o406939714

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...