最新情報&お得情報

2019 / 09 / 03  19:50

古代エジプトの壁画を切り絵に(^_^)v

古代エジプトの壁画を切り絵用に原画を制作してみましたヽ(^。^)ノ

きり絵制作は、切り絵生徒Yさんです!

IMG_20190901_104411.jpg

ステンドガラス風に透かし「ホルスの目」を合せてみました(^_^)v


IMG_20190901_104420.jpg

ホルスの目

太陽神ホルスは、隼の頭を持ち太陽と月の両目を持つ男性として表現されます。

有名なのは、古代エジプトのシンボルとされている「ホルスの目」

左目「ウジャトの目」は月の象徴、右目「ラーの目」は太陽の象徴。

エジプト神話では、ホルス神の左目である「ウジャトの目」は
ホルス神が父オシリス神の仇であるセト神を討つ時に失われたが
(この左目はホルス神の下を離れ、エジプト全土を旅して知見を得た後)
知恵の神にして月の神・時の神であるトート神によって癒され
(ホルス神の下に戻り)回復した為「ウジャト)の目」は「全てを見通す知恵」や
「癒し・修復・再生」の象徴(シンボル)とされました。